【リライト】私のファースト・エルメス

【リライト】私のファースト・エルメス

おはようございます。
ファッションもエルメスも大好きなアラフィフです。

なんと「ギックリ腰」
この時期、いっつも腰の調子が悪くなります。
やーねー。

さて、気を取り直して。

私の「ファースト・エルメス」は、

大学入学お祝いの時に、おばあちゃんから貰った「クリッパー」です。


(画像お借りしました)

まったくコレです。

レザーベルトの時計でした。

その頃の私はまだ「ブランド」をほとんど知らず、この時計を貰った時も、

「なんか地味な時計、革のベルトもババくさい」

と、ホントはそんなには嬉しくなかったんです。

でも、おばあちゃんのコトは大好きだったので、

「ありがとう!大事にするね!!」

と伝え、毎日大学にしていっていました。

私の通っていた大学は、幼稚園から附属のあるお嬢様大学で、それこそ「ホンモノ」のお嬢様がたくさん通っていました。

通学に自分のベンツやBMWで来てたんですよ!

私は大学からだったので、「外部」
幼・小・中・高からのお嬢様たちは、「内部」

と呼ばれ、外部は完全アウェイです。

私の友人も最初は「外部」だけでした。

でも日々、目にするんですお嬢様たちのブランド品を。
内部の方々の華やかな服、バッグや時計などなど。

私の「ブランド好き」は、たぶん、この時から始まったんだと思います。

そして自分の時計の地味さにガックリしながらも、
「どこのブランドかな?」
「セイコー」かな「カシオ」かなと見てみると、

「HERMES」

と書いてありましたが、もちろんフランス語なんて、読めませーーん。
って言うか、フランス語だということすら理解していません。

「ヘルメス?」

友人も一緒に見てくれていたのですが、

「ヘルメス?聞いたコトないブランドだね」笑
と。

確かに!
外部の友人は、私を含め全くブランド音痴ばかりだったので。

そんなある日、たまたま内部生と話す機会があったんですが、その時に、

「ステキな時計ね、エルメスでしょ」

と、言われたんです!!!

「エルメス」

えー、「HERMES」って「エルメス」って読むんだ〜〜。

衝撃でした。

さすがに大学に入って、多少知識が増えてきていたので、「エルメス」は知ってました。

超高級ブランド!!

おばあちゃん!!!

家に戻り、
早速おばあちゃんに聞いてみたのですが、

「デパートで買ったから、ブランドとかは、わからない。あんたに似合うと思って」

と!!

なんと、おばあちゃん、知らないで買ってるし。

そう、昔は「ブランド」の時計も全部、デパートの時計売り場で売っていたんです。

エルメスもグッチもロレックスもいっぺんに見れたんです。

もちろん「エルメスブティック」もそんなになかったし。

まさかのデパート時計売り場。

なによりも、私。

最初は、その時計を「ババくさい」と言っていたのに、
エルメスの時計とわかったとたんに、
「ステキな時計」に早変わり。

まったく私「ホンモノを見る目なし」

それでも、嬉しくて、嬉しくて。

ゲンキンなんですが、その時計は、私の「宝物」になりました。

が、その頃からバブルが全盛期。
どんどんブランド品を消費していくことになります。

私もバブルの波に飲み込まれ、

価値もわからず、ハタチぐらいの小娘が手当たり次第に買っては飽き、また買っては飽きを繰り返していました。

「若気の至り」です。

そうこうするうちに「クリッパー」も私にとって輝きを失っていきました。

そして、大学を卒業し、就職する頃には、私は、ダイビングやヨットと海のレジャーに夢中で、時計は「防水」でないと着けられなくなっていました。

なので、もう使わなくなったその「ファースト・エルメス」の「クリッパー」も、そんなに考えもせずに、いとこの女の子にあげてしまったんです。

もう20年ぐらい前の話なんですが。。。

今、アラフィフになり超絶後悔しています。

今でも大事にしておけばよかった。。。。

その大好きだったおばあちゃんの命日なんです。
六年前に亡くなったんですが、今でも思い出すと悲しくて。

もちろん、他にもたくさんおばあちゃんから貰っていて、それは、ちゃんと大事にしてあります。

でも

「ファースト・エルメス」の「クリッパー」は、
手放してはいけなかった!

と、アラフィフになり、
「エルメス」が大好きになった今思う、
今日この頃です。。。

おばあちゃんとの思い出の「クリッパー」を、またいつか必ず手にしたいと狙っています!!

今日は、なんだか暗い話で、すみません。

 

2017/10