バーキン購入の一部始終『その4』〜リライト〜

バーキン購入の一部始終『その4』〜リライト〜

【こちらの記事は2017年夏の記事をリライトしたものです】

ファッション大好き、アラフィフです。
この記事は、「バーキン購入の一部始終その3」の続きです。

その4

今度は店舗内の普通のテーブルで待ちます。
あ、あの個室はバッグを見せる時だけ用なんだ・・・。

素敵な部屋だったなぁ。もっとちゃんと見ておくんだった・・・。
と少し後悔。

そして、いよいよ私のものになるバーキンの登場です。
ひょー、すごいぞ。

本当に買えるんだ。

バーキンって、買えるんだ。

すごーい。

私は支払いや顧客カードに名前を書いたり、といろいろやることがあって、周りは全く見えていなかったし、自分のことだけでいっぱいいっぱいだったのですが、

娘は特にすることもないのでキョロキョロしていたらしいです。
そしてその娘が言うには、

「こっち見て、すっごい睨んでる人がいるよ」
とか
「みんな、「バーキンありますか?」って聞いてるね」
とか
「ママの後ろに人だかりができてたよ」
とか言ってました。

「本当?!!」

私は、集中していたので、全くわからなかったのですが、私の視野以外でいろいろなドラマが繰り広げられていたらしいです。
やっぱりバーキンが買えたのは、奇跡だったんだ。

と実感いたしました。
今回本当にラッキーでしかなかったと思います。

「運」

やっぱり「運」が大事かも。
でもバーキンを買うコツも、今回のことでなんとなくわかった気がしますので、また別記事にでもまとめてみようと思います。

今。

使っていないバッグや服を「断捨離」し始めています。
さすがにバーキンは高額だったので、身を切らないといけません。

シャネルやヴィトン、エトロなど昔から大切にしていたけど、ほとんど使っていないバッグだったので、今回売ることにします。
そして本当に欲しい色のバーキンが買えるように、またコツコツ貯めていきたいと思います。

私、最初は、「バーキンは記念に一つ持っていれば十分」と思っていました。
が、ファーストバーキンは、自分の欲しい色ではなかった。

じゃぁ買わなければいい。

となると思うんです、普通だったら。
でもバーキンはただのカバンではないんです。

他とは何かが違うんです。
なんか普通にお店で売っているカバンじゃない感じ・・・。

あの特別な空間で、まるで芸術品のようなバーキンを見て触ってしまったら、「買わない」とは言えなくなっちゃうんですよー。
それにこのチャンスを逃したら、またいつバーキンに出会えるかわかりませんから。

でも大満足です。
本当に幸せです。

今後も、
まだしばらくは、バーキンの在庫確認の日々は続きます。
欲しい色と出会いたいので。

次回もしまたバーキンと出会えたら、その時は今回みたいにオタオタしないようにしたいですけどね。

私の「バーキン道」は、まだまだ続きそうです。。。

〈おしまい〉

最後まで読んでいただいてありがさうござます。
感激です。
シロートの読みにくい文を本当に・・・。
ありがとうございます。

精進します。