卒業お祝いにティファニーを。

卒業お祝いにティファニーを。

こんばんは。
エルメスもファッションも大好きなアラフィフです。

三月も今日でおしまい。
明日から四月ですね。

娘は、いよいよJKです。

今どきのJKはどんなことになるのでしょうね。。。
私が、JKだった頃の遠〜い遠〜い記憶を一生懸命思い出してみました。

青春が爆発ですね。
人生で一番キラキラする時間が、いよいよ始まるんですね。

と、娘が無事に学校を卒業(義務教育だけどね)出来たので、何かお祝いをあげようと思いまして。

娘は、「ティファニー好き」なので、
卒業お祝いにティファニーを。


ちょっと私の話になるのですが、

私、過去にジュエリーをたくさん父からプレゼントしてもらっています。
今でも、たまにプレゼントされます。

ですが、父が選ぶジュエリーは、
「全く私の好みでは、ない!」
んです。

貰ってるんだから、素直に喜んで、有り難く頂きたいと考えるように、しているんですが、

貰っても、
嬉しくないモノは、しょうがない。
自分に嘘はつけません。

こんな、気持ちでは申し訳ないと思い、
父と一緒にお買い物へ行った時には、
「こっちがいい!」
って、ちゃんと私の好みを伝えるのですが、
全く聞き入れて貰えず、父が「私に」と思う、父が好きなジュエリーを買うんです。

いらないんだけどな〜。

父の好みのジュエリーであって、私の好みのジュエリーではない。のです。

でもしょうがないので、
親孝行だと思い、すっごく喜んだフリもします。
悪循環です。

こればっかりは、
人それぞれ、好みが違うのでしょうがないのです。

プレゼントに対する考え方の違いもありますし。

なので、私は
自分の好みを人に押し付けるようなことは、できればあまりしたくないのです。

私は本当は、
娘にもエルメスのジュエリーを買いたいのです。
 ↑
押し付けですね。

だけど、娘は今は、ティファニー派。

こればっかりは、しょうがないのです。

私は、私の経験から、
「相手が欲しいモノをプレゼントすることが、キモ!」
と思っていますので。

娘に予算だけ伝え、欲しいモノを選んでもらいました。


こちらです。

ティファニーらしい、かわいいデザインです。

でも、アラフィフの私には、全く似合わなそうなデザイン〜。
ま、私関係ありませんが、

できれば!
せっかくのティファニーですし、たまには私も借りたいじゃぁないですか?!

でも、しょうがないです。


かわいいわぁ。

娘にピッタリです。

娘は、
大喜びです。
当たり前です。
自分の欲しいモノですから!

さらに、
ティファニーですから!!

娘、
嬉しすぎて、ニヤニヤが止まらず、なんだか気持ち悪いです。

心の底からの満足感。
本当に幸せそう。

良い買い物が出来ました。
安いもんです。

でも、安くても
きっと人生の中で、

「母からプレゼントされたリング」

と、記憶にザックリ刻まれたことでしょう!
これで、母にすっごく感謝して、一生懸命勉強してくれるようになるといいのですが。。。

なかなか
日々の中ではあまり意識出来ていない、当たり前の幸せを、こういった機会にしっかりと噛み締めたいと思います。

本当に卒業おめでとう!
(義務教育だけどね〜。)